ペアブロッサムのブログ

美肌をつくるために大切な化粧品選び、化粧品開発に関すること、アロマセラピーのこと、化粧品の法律のこと、日々の日記を綴っています。
日本アロマセラピー学会 関東地方会講演会へ
0

      

     

    日本アロマセラピー学会関東地方会に参加しました。

     

    (会場内は満席の様子)

     

    和田文緒先生の特別講演がありました。

    「さまざまな現場に応用できる基材の工夫について」

    講演と演習 保湿にすぐれたシアバタークリーム基材作り」

     

     

    さまざまな場面でのアロマセラピーのエピソード。

     

      

     

    和田先生の穏やかで優しい語り、ときどきプスっという笑いもあり、

    聞いているこちらまで穏やかになります。

     

    そういえば、以前聞いた和田先生の南プロバンスのラベンダーのお話のときも

    このテンポに引き込まれたのを思い出しました。

     

    これが、セラピストとして、先生として、

    クライアントさんにも喜ばれるのだろうと想像ができます。

     

    摂食障害のお子様の

    『へこたれない香り』のお話はとても印象的でした。

     

     

     

     iPhoneImage.png

     

     

    実習では、3種類のジェル基材を例にとり、

    粘度や精油の混ざり具合など、混ぜたり塗ったりと試しました。

    (当社のプラスリッチジェルも例に出していただきました。)

     

    そして、シアバタークリーム作りもしました。

     

    2部実践報告、3部活動報告では

    アロマセラピーが様々な現場で使われていることを伺うことができました。

    医療、介護、スポーツ、美容と幅広く使われるようになっています。

     

    アロマを必要としている方に届くように

    微力ながら活動を続けていきたいと思います。

     


     

    | ペアブロッサム | 見る・聞く・考える | 17:40 | comments(0) | -
    手づくりコスメの基材にも使える!プラスリッチジェル
    0

       

      アロマトピア147号

      「手づくりコスメの基材を探る」は読みましたか。


        
       iPhoneImage.png

       

      私はもちろん読みました。

      これを読んでいて気付いたことがあります。

       

       

      当社が販売しているプラスリッチシリーズ

      プラスリッチジェルは

      手づくりコスメの基材としても万能です。

      ということをあまりお伝えしていなかったな。。。と反省!

       

       

      例えば

      ●手づくり美容液に

      ●手づくりハンドクリーム

      ●手づくりクリーム

      ●手づくりファンデーション

      ●手づくり日焼け止め

       

      など挙げればまだまだたくさんあります。

       

      最近ではクレイを使ったコスメを作っているかたを見かけますが、

      クレイパックやクレイファンデーションにも

      このジェルとても役に立ちますよ。

       

      市販の化粧品ではこのジェルの成分(カルボマー)がたくさん応用されています。

       

      ジェルを使う事で

      感触がなめらかになったり、

      市販品により近づいたり・・・

      水に溶けないエッセンシャルオイルが

      簡単に入れられます。

       

      お料理でいう、一味隠し味の調味料みたいなものです。

       

      今後レシピなどもご案内していきますね♪

       

       

      番外編

      近所の梨畑は

      梨の花が満開でとてもきれいです。

       

       iPhoneImage.png

       

      | ペアブロッサム | 見る・聞く・考える | 11:34 | comments(0) | -
      オーガニック指数・自然指数の表記方法について
      0

         

        先日書いた記事

        化粧品のオーガニック指数と自然指数

        のつづきになります。

         

        自然由来、オーガニック由来という表現を化粧品にどのように表記させるか。

        ISOで定められた表現の方法が4通り。配合水の有無を含めて8通りになります。

         

        ・自然指数(配合水を含む/含まない)

        ・自然由来指数(配合水を含む/含まない)

        ・オーガニック指数(配合水を含む/含まない)

        ・オーガニック由来指数(配合水を含む/含まない)

         

        この指数を計算するにあたっては、化粧品に配合する成分(原料)が

        どの指数に該当して、その成分を化粧品に何%配合するかで指数をだします。

         

        また、多くの化粧品には水が含まれていますので、

        水を指数計算に含むか含まないかで指数が大きく変わります。

        水を含んだ計算なのか、水は計算に含めていないのかを表示しなければなりません。

        成分(原料)の指数を出す必要があります。

        この部分は、各原料メーカーさんに頑張っていただくことになりそうです。

         

        どの指数を表記してもいいのですが、

        表記した場合は、配合水を含む/含まないはどちらか必ず記載しなければなりません。

         

        指数表記は必ず記載しなければならないものではないので、

        今後も記載をしない選択もできます。

         

        突然表記してもすぐには消費者に伝わりにくいかもしれません。

         

        当分の間は様子見でしょうか。。。

         

        先駆けて表記しても面白いですね♪

         

        | ペアブロッサム | 見る・聞く・考える | 14:06 | comments(0) | -
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        282930    
        << April 2019 >>

        このページの先頭へ