皆さんは柔軟剤の香りをどう思われますか?

個人的には、強い香りは嫌ですが、
ほんのり香る程度ならばありと考えています。






以前、国民生活センターより
柔軟剤のにおいについては、においの強さの感じ方には個人差がある。
使用量が過度にならないよう、配慮する必要性がある。

という呼びかけもありました。


先日、香水について語ろうというイベントのお手伝いをした際も
この柔軟剤の香りについて話が飛び交っていました。



「お隣さんのベランダから香ってくる匂いも嫌!」
「同僚の柔軟剤の香りが強い!」
「人口的な香りが強すぎて自然の香りがわからなくなってしまうのではないか」


などなどマイナス的な要素の意見が多かったです。



この意見、柔軟剤に限らず自分の好みではない香水を
プンプンさせているときにも同じことを感じます。



柔軟剤は従来、
「衣類の洗い上がりを柔らかくする」や「抗菌」「消臭」といった目的でしたが
近年では「衣類に香りをつける」という目的になっています。


日本人は香水を使うという習慣があまりないといわれています。
しかしここにきて衣類に香りをつけて香りを纏うという習慣
生まれたように思います。


アロマセラピーのような天然の香りであれ、人工的な香料であれ
香りに触れるという習慣が身についてきていることはとても嬉しいです。



香害と言われないように周りに配慮する必要は大いにありますが
香りを楽しむことに個人的にはとても共感できます。



香りを纏っていないと何だか落ち着かない!

そんなとき柔軟剤ではなく
お気に入りの香水やインテリアフレグランスを
見つけてみてはいかがでしょうか。


大好きな香りに出会えたら
きっと気持ちも心も豊かになってハッピーになれるはずです♪




 

鎌ヶ谷市で昨年8月に募集していた「桜の里親♪」

"桜×鎌ヶ谷=魅力アップ事業"
新鎌ヶ谷から市制記念公園までを桜ゾーンとして
鎌ヶ谷の魅力をアップするという事業です。

この桜の里親にペアブロッサムも応募しました♪






桜シーズンを前に記念式典と植樹式がありました。



植樹した桜はこの春にも咲くそうです。
そして10年20年ではなく100年以上も咲き続ける桜。
春が待ち遠しい。


鎌ケ谷でスタートさせたペアブロッサムも
この桜と一緒に根付いていきたいです。

そして鎌ヶ谷の魅力アップに少しでも貢献できたことが嬉しいです♪
化粧品開発展 COSME Tech 2016へ行ってきました。


ナチュラル、オーガニック、エコ、癒し
ここ最近のキーワードですが
どのようにしてこういう商品を世に出していけるか
日々のテーマです♪




インプットはアウトプットに
早速お客様と情報を共有しています。


新商品開発のヒントとして。
新パッケージを考えている方のために。
商品リニューアルを考えてる方のために。
市場動向・・・などなど。。。

いろいろと見聞きすると想像が広がります。
新しいアイデアも浮かんできます。



ペアブロッサムはお客様のご要望に合わせた商品の提案を
様々な形で行っております。