6月25日(日)は鎌市Lifeに出店します。

鎌市Lifeのブログはこちら

 

 

梅雨、じめじめ!そして蚊の季節。

楽しいアロマワークショップを開催します。

 

 

 

 

 

じめじめしたり、暑い季節にも

香りがあるとホッとします。

 

『アロマってこういう効果があるのよね』とアロマの効果も良いですが

まずは自分の好きな香りを見つけることが大切です。

 

『でもアロマってよくわからないし。。。』と思っている方。

 

 

ライフスタイルに匂いって必ずあるものだし必要です。

 

効果から追及するよりも、まずは自分の好みから♪

必ず心地よい香りが見つかるはずです。

 

自分の香りを見つけてみませんか。

名前は聞いたことがあっても香りを嗅いだことがないものも多いはず。

ぜひマイアロマを見つけにいらしてください。

 

香りが見つかったら、アロマポットやアロマルームフレグランス、アロマミストに

してお持ち帰りできます。

 

 

 

あなたのライフスタイルが充実するために♪

ご参加お待ちしております。

 

6月25日(日)

10:00〜15:00

鎌ケ谷駅前 和れこると にて

参加費用 1000円〜

 

 

経済産業省の立入検査がありました。

ペアブロッサムではアルコール事業法の使用許可を取得しています。

 

 

 

 

使用許可を得て、業として行う事業者は経済産業大臣の許可が必要となります。

昨年は許可を取得するために、さいたま新都心にある関東経済産業局へも行きました。

 


 

 

アルコール使用許可を取得しなくても、工業用アルコールは使用可能ですが、

この場合、特定アルコールとして加算額(価格が10倍程度になります)が課せられます。

 

アルコールというと飲料用のアルコールのイメージがありますが、

アルコールは工業用にも広く使われています。

化粧品では、例えば香水や化粧水などにはアルコール(エタノール)が使われます。

 

酒類の原料への不正な使用の防止のためにアルコール事業法や酒税法があります。

 

どのぐらいの量のアルコールを購入して、そのアルコールをどのような用途で使用したかを

使用簿を作成して、年に1回、経済産業省へ定期報告をします。

 

今回の立入検査はこれらのチェックと確認のためのものです。

担当の方から『概ね、しっかりと記入されてチェックされているので特に問題ないです。』と

言っていただきました。

 

 

香水のご依頼も多い当社ではアルコールの管理も大切な業務です。

 

 

ロサンゼルスから輸入化粧品がペアブロッサムに届きました。

 

今年に入って、輸入手続きのご依頼を頂き、

国内で販売できるように化粧品製造販売届や、輸入するために輸入業社登録など

いろいろな手続きを経て、やっと日本に到着しました。

船便でロサンゼルスを出て、日本に到着するまでおよそ一カ月。

 

日本の港に着いてからも、税関検査などがあり

必要な書類を用意して提出をしたり。。。

前職での経験はありましたが、独立してペアブロッサムでは初めての業務。

 

 

 

 

 

この後、日本の法律に合わせた表示をして

お客様の元へお届けします。

お届けするまでドキドキ緊張が続きます。

 

輸入化粧品は、各国によって決まりが違うので

とても難しい業務だと思っています。

 

ときどき、海外で扱われている商品を輸入したいけれどできますか?といった

お問合せもいただきます。きちんとした情報が揃っていれば良いのですが

そうでない場合が多いのです。

ハードルは高い!!!

 

 

 

ちなみにペアブロッサムは

ちいさなちいさな工場です。そんな工場に

パレットにのった荷物がドカーンと届き

運送業者さんも驚いていました!

 

 

iPhoneImage.png

 

 

パレットを受け入れる場所もないのですが、引き取りはして頂けないとの事なので

とりあえずベランダへ。。。

何とか引き取ってくださる方も見つかったのでホッとしています。